トップイメージ

レジャーホテルの節水

久々にレジャーホテルから節水のお問い合わせがありました。


お問い合わせがあったのは、
施設全般の省エネを担当している人。


その人とホテルの支配人を含めて3人でお会いすることに。


すると、支配人がそんなの意味がない!!
と話を聞いてくれません。


シャワーの出る量を調整するより、
客がずっと出しっぱなしにしているから、
それを自動的にとめなければ意味がないと。


ごもっともな意見ではありますが、
ずっと出しっぱなしにされているシャワーの流量を
減らすことができるので、
節水対策の効果は十分に期待できます。


その上で、さらに自動的にとめることができるのならば
もっと節水が可能となります。
何か良い装置を開発できないものか・・・
いつも考えてはいます。


このようなホテル様でだいたい水道料金を10〜15%ほど
減らすことが可能となります。


完全な対策ではないかもしれませんが、
何もしないなら絶対にした方がお得です。


前向きに検討してもらえれば幸いです。


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
節水 | comments (0) | trackbacks (0)

節電に関する面白い発想

電気をつけっぱなしにしない!!

これって当たり前のことですが、
一般消費者を相手に商売をしている業種では、
なかなか自分たちでは何ともし難い現状があると思います。

旅館やホテル関係では、
お客さんがお風呂やトイレに入って、
電気をチェックアウトまでつけっぱなしにする
という光景が多々あります。


この電気代がもったいないということで開発された商品を最近見ました。


電気をつけると同時にタイマーが作動し、
設定した時間で自動的に電気が切れるという電気コンセント。


もちろん使う場所や時間を間違えると
不自由になりますが、
つけっぱなしにしてたらもったいなく、
かつ消えても問題ないところに設置すれば効果を発揮するかと思います。


ただ、その効果がどのくらいでるのかのデータが揃っていないので、
費用対効果(減価償却期間)などがまだ分かりません。


どういう場所に設置したら、
効率的に節電を図れるのかこれから研究していきたいと思います。


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
節電 | comments (0) | trackbacks (0)

メーターの異常

最近、偶然ではあるけど水道メーターが故障している話しがよくでてくる。


とある神戸の特別擁護老人ホームで、
水道単価の値上げがあったので、
節水対策をして水道代をもっと下げたいという相談を受けた。


状況をお聞きすると、
ここ半年くらいで水道使用量は、
10%→15%→20%とだんだん減ってきていた。


なぜ減っているのか聞いても、
全然分からないと。


我々の経験では、1,000トン以上の水を使っているところで、
理由なくこれほど水道使用量が変化することはまずない。


だから、水道メーターの異常を疑った。


水道メーターはいつからのものか確認すると、
3年ほど前に新しく取り替えられたようだ。


そんな新しいものが壊れるのか?
我々もそんな経験はまだない。


ただ、損しているわけではないので、
このまま様子を見ていた方が得ですよ。
とアドバイスし、
我々が対策を行うことはいったん延期にしてもらった。


すると10日もたたないうちに施設長から連絡があり、
水道局がメーターを変えさせてくれといってきて、
水道メーターの交換があった。


それ以降水道使用量がもとの状態にもどってしまったと。



このケースは、得したケースだが、
この逆の場合は損することもある。


水道使用量が大きく変わる場合に考えられうることは、
]蛙
特別な使用(貯水槽の清掃・プールの入れ替えetc)
メーターの故障


このようなことを知っておくことが、
節水対策をする上で非常に大切なこととなる。


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
節水 | comments (0) | trackbacks (0)

強すぎるシャワー

久しぶりにレジャーホテルいわゆるラブホから
節水の相談があり現場調査に行ってきた。


ここ最近稼働が増えて、
月40万円くらいだった水道代が、
月60万円近くになって節水しなければ
となったようだ。


部屋数が30弱と一般的なホテルで、
4階まである。


だいたいのホテルは最上階が弱くて、
下の方が強くなる。


ビジネスホテル何かはそれが顕著に現れる。


案の定、
2階の部屋を見てみると、
シャワーがこれでもかと、
浴びたら痛いわって思うほど出ていた。


支配人も一緒に見ていたら、
これは凄いですねと。


案外シャワーの強さって、
ホテルの人も知らないんです。


弊社の加圧機具どうこうというより、
はやく節水しないともったいないですよ‼
という話をし、
クレームの出ない水圧は、
これくらいですと伝えてきた。


このような状態でほっとくのはもったいないんで、
一刻もはやく節水してもらいたいです。


おそらく3〜5ヶ月ですぐにもとが取れるでしょう‼


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
節水 | comments (0) | trackbacks (0)

過剰設備!?

介護施設の浴室の節水対策をしているとたまに見るのだが。

給湯器で40℃から60℃くらいまで1℃刻みで温度設定ができるのに、
中に混合水栓がついている。

混合水栓の役目は、60℃くらいのお湯と水を合わせて適温に調整するものだ。
これは、ボイラーなどから熱いお湯を引いてそのまま水とあわせるから必要なのであって、
適温にされているお湯に水を加えるためのものではない。

要は、適温になっているお湯に何かを加える必要はない。
それなのに混合水栓を使っているから、
わざわざ一度給湯器のお湯を50℃とかにしないと、
混合水栓を使って適温にならない。

つまり、一度ボイラーで60℃くらいになったお湯を、
給湯器の温度設定まで下げ、さらに水を足して40℃くらいにしていることになる。

いろんなところで熱交換がおきているので無駄でしかない。

無駄をするために混合水栓という高価なものを使っている。
ダブルで無駄だ。

これは節水対策というより、設備を導入する時に考えなければいけない問題だ。

そのようなことを先方には伝えてきた。


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
経費削減 | comments (0) | trackbacks (0)

瓶洗浄会社からのお問い合わせ

一升瓶を洗浄して再利用できるようにしている会社さんからお問い合わせがあった。
この洗浄水をどうにかして節水できないかという内容。

ホームページを見たら、
シャワー用の節水機器がエアーを取り込んで勢いを増していると書いてあり、
洗浄の機械に取り付けられたら節水効果が期待できるのではないかという内容だ。

その機械にそのまま取り付けるのは無理だろうと言ったら、
工務をできる人間は多数いるので、自分たちで改造して使えるか検討したいとのこと。

社長と直接お会いして話してみると、
本当に実験をしてみたいと真剣に頼まれたので、
ノーとは言えない。
また、この工夫がうまく言ったら今後このような業種に節水が提案できるかもしれない。
ということで、実験がうまくできそうな機器を数種類お貸しした。

さあ、どうなるか??


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
節水 | comments (0) | trackbacks (0)

飲食店からのお問い合わせ

多店舗展開している飲食店さんからのお問い合わせ。

弊社ではないが、
ある店舗で節水対策をしたら思いのほか良い結果がでたそうだ。

しかし、もっと安く節水対策が出来ないかという内容。
ただ単に安くするというのはできない。

そして、以下の条件を飲んでもらえるなら弊社の人件費など削減できるので、その分お安くするという話をした。
・1日ですべての店舗の取り付けが終わる段取りを取ってもらうこと。
・効果検証は自分たちで行うこと。
・支払いは一括払いで取付後すぐに支払ってもらうこと。

すると、返事はイエス。

お互いWinWinの関係が出来るのならありがたい話だ。

先方は、経費を1円でも多く削減したい。
そして、私も削減できるものをキチンとしていただけるなら、
できる限り経営者の方にお役に立ちたい。

このような話は直接経営者と話をするとだいたいうまくまとまることが多い。

私はどちらかと言うとこのようなに理不尽に値切ってくるのではなく、
言いたいことを言ってくれる経営者と話をするのは好きだ。


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
節水 | comments (0) | trackbacks (0)

介護施設の節水

弊社が今までに一番多く節水対策で関わらせていただいたのは、介護施設関係だ。

弊社が強みにしている対策は、
厨房と浴室のシャワー。

その二つの対策が行える介護施設は、費用対効果が良い。
施設にもよるが、だいたい15%くらいの水道代削減になっている。

中には年間300万円くらい削減できたところもなる。

介護施設もたくさん運営されているところも多い。
5年ほど前からそれらの施設の節水をさせてもらった。

そんな大手の施設が新しく介護施設を建てられたので、
そこの対策をお願いされた。

このようにリピートしていただけているのをうれしく思う。


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
節水 | comments (0) | trackbacks (0)

回転寿司店の節水結果

回転寿司屋3店舗とスーパー&うどん屋さんを持つ会社の節水対策を請け負った。

今回は、実験的にまず一番水道代を使っている店舗に実際に設置してきた。

2週間後水道使用量を節水対策前後で比較すると、
約20パーセントの効果が見られた。

だいたい厨房のみの場合、
食器洗い洗浄機があるところで20パーセント、
ないところで35パーセントくらいの節水効果が出る。

今回は、予想通りの20パーセント。

投資回収も思ったより早く、
この検証期間後に約半年くらいで元が取れる計算だ。

残りもうまくいって欲しいと願うばかりだ。


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
節水 | comments (0) | trackbacks (0)

回転寿司の節水

先日回転寿司屋さんから節水のお問い合わせを受け、現場を見に行った。

だいたい月に20から25万円くらい水道代が掛かっているようだ。
飲食店さんで月の水道代が20万円を超えるところは珍しい。
かなりの大型店になる。

現状を見てみると、それほど無駄に使われているような感じはない。
若干他店より水栓の数が多い。
カウンターの職人さん一人につき一つの蛇口がついているので、
そこで結構水が使われているようだ。
逆に言うと、しっかりと手洗いがなされていて衛生上良いことだ。

水道代を削減するのは大切なのだが、
使い勝手や衛生面で問題が発生しては元も子もない。

こういうところは、一つ一つの使い方をしっかり把握し、
できるところをしっかり節水していく必要がある。

そんなこんなで2週間後に設置することになった。
どれくらいの効果があがるのか楽しみである。


  <ブログランキング参加中 ポチッと一押しお願いします>
    → にほんブログ村 環境ビジネス

  <弊社社長の日記も関連会社ソフトリンクHPにて公開中>
      『経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク』
節水 | comments (0) | trackbacks (0)

ページトップへ