無水トイレ

トイレの節水では、最近では節水タンク式のものが増えてきており、
仕組みなどを見ても、旧式のタイプと比べるとかなりの節水が
出来ていると思われます。


少し前に男性用小便器の節水タイプとして、
無水型というものが現れて、少しずつ普及しつつあるんじゃないかと思います。


効果は、当然水を一切使わないので超節水型です。
小便器に関してはかなりの削減が見込めるとの事。


まぁ、問題は匂いでしょうけど、やはり無臭という訳にはいかず、
前の人のあとだと臭います。
しかも熱気などがムンムンしてるとキツそうです・・


今後こういった問題が改善されれば、超節水トイレとして普及するかなぁ
って思います。完全無臭にする為に別のコストがかかりそうですけど(汗)
節水 | comments (2) | trackbacks (0)

コメント

担当H | 2008/07/18 03:21 PM
Green-Labさん、初めまして^^

JRでも導入されている駅があるんですね。
結局、無水にしてしまうとその為の薬品の開発や、交換資材としての生産に伴うCO2排出もあるので、エコかどうかというと難しいところですね。

完全無水でなくても、極少量の水で済むような製品が開発されればいずれ普及していくんではないかと思います。
Green-Lab | 2008/07/17 10:37 PM
こんばんは。
JR神戸駅のトイレが無水です。ただ、おっしゃる通り、少々臭いが気になりますね。
そうですね、あともうちょっとの技術って感じがします。

コメントフォーム

icons:

トラックバック

ページトップへ